読書ログ

ブログ始める前の人は読んじゃダメ! 『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』

まいどおおきに、ネギヤンです。

 

「ブログを本格的に始めよう」 と決めたのが先月。

そこで、1年くらい前に買って、ちょびっと読んでポーイしてたこの本を改めて読んでみました。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

  • 作者: 染谷昌利
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2013/06/21

なんでブログをはじめる前の人は読んだらダメなの?

「ブログ飯」というタイトルからして、ブログでの稼ぎ方の 『How to 本』のように感じませんか?

でもこの本はそうではありません。

 

「ブログっておもろそうやな〜」

「文章書くの好きやし、お小遣い稼ぎたいからとりあえず作ってみようかな」

と思い、とりあえずブログを開設したのが約1年ほど前。
その時に「いっちょこれでも読んで始めるか!」と思いこの本も購入しました。

 

しかし、その当時は1章の途中で

「え、全然思ってたのとちゃう。おもんなっ!」

と、思い放置。

 

が、こうして実際にブログを書き始めた今あらためて読むと

「うおおぉぉぉ!やる気出てきたああああ!」

というポジティブな読後感に浸っています。
同じ本なのにこんなに感じ方違うなんて不思議。

なぜこうも感じ方が違うのか。

それはこの本がただの 『How to 本』ではなく、著者がブログを運営する上で大切にしていることを書いたいわば『ブログに対する向き合い方』の本だからです。

 

だから、走り始める前(ブログを始める前)だったぼくはよくわからなくてポーイしちゃったわけです。

 

つまりこの本は、

「ブログを始める前の人」ではなく

「すでにブログを始めている人」が読むべき本です。

内容紹介

無理しない稼ぎ方の大原則。専門知識がなくても、有名じゃなくても、妻一人子一人(+ネコ一匹)を養える! 
テクニックありきではない人気ブログの作り方を解説したSNS時代の新しい生き方本。 
自分の好きなこと(個性)をネットで収入に変える方法を、根本となる考え方や具体的な収益方法を交えて解説しています。著者は人気ブログ「Xperia非公式マニュアル」を運営し、Google AdSenseの成功事例としても取り上げられたプロブロガー。ネットで集客して収益に結びつけるまでの道のりを体系的に学べる一冊です。

著者の会社員時代から、ブログで飯を食うようになるまでが書かれています。

著者

染谷 昌利
1975年生まれ。妻一人息子一人。4年制大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当および営業担当を12年間経験した後、2009年に非IT系出身ブロガーとして独立。運営するブログ「Xperia 非公式マニュアル」が人気を集め、Google AdSenseの成功事例に取り上げられる。
現在はブログの運営や執筆、講演、企業やブロガー・アフィリエイター向けのコンサルティングにより生計を立てている恐妻家フリーランサー。日本アフィリエイト協議会(JAO)理事。Google AdWords 認定資格者。共著書に『プロが選ぶ WordPress 優良プラグイン事典』(MdN)がある。

 

読書メモ

「飯が食えるブログ」って、どういうブログを言うのでしょうか? 答えは簡単です。

たくさんのファンを、継続的に得ることができるブログ、これに尽きます。

だからといって、この本で「簡単にできるアクセスアップの裏技」や「アクセスが集まる秘密のキーワード」といったような、表面的なテクニックを紹介するつもりはありません。

〜中略〜

そういった小技は、あえて私があれこれおしえなくても、飯が食えるブログを真面目に作り続けていく売りに、自然と身に付いていくものです。

ファンを継続的に得る、か。じゃあどうやったらファンって得られるのかな?コンテンツ?人柄?

 

今までの経験から、飯が食えるブログを作るためには、とにかくネタを集める必要があるという事は強く意識していました。何かを経験したら「メモ」、「撮影」、「背景の調査」は忘れずに

経験したことは、いつか必ずネタとして、「飯が食えるブログ」の力になります。日常のあらゆることがあなたの力になるのです。だから、どんなことでも、とにかくやってみましょう。その体験から感じたもの、人に伝えたいものをメモしておく習慣を身に付けておきましょう。いつか必ず、役に立つときが来ます。

別に特殊な経験なんて要りません。これまでのあらゆる経験がネタになるのです。

仕事で経験したこと、資格取得で勉強したこと、好きな作家の本を読んで感じた世界観、ビジネス書を読んで参考になったフレーズ、マラソンを少しでも速く走るコツ、ゲームの攻略法、ワンピースで得た仲間を信じる力。どれをとっても何一つ無駄なことはありません。そうやってあなたを構成するピースを増やしていき、その経験を記事に散りばめていくことで、あなたにしか書けない文章になってくるのです。

身近なところにネタは落ちている。ネタへのアンテナをもっと高く伸ばすこと。
「経験はブログにアウトプット」っていうゴールがあれば、アクティブになれそうだな。

 

私が陥ったテクニック重視の考え方は、ある一時期は大きな成果を上げるかもしれませんが、時代が変わったら、システムが変わったら使えなくなってしまうことが多いです。そんな事に時間を費やすなら、自分の経験を積み上げ能力を向上させて、魅力的な人間になることに時間をかけてみてはどうでしょうか。 

枝葉だけ伸ばしていっても、樹木としては不健全な状態で傾いてしまうということです。根っこや幹が強靭だからこそ、枝葉が広い範囲に繁ってもその重さに耐えられるのです。
これはブログも同じことが言えます。いくら数多く記事を投稿しても、自分の経験からにじみ出てくるような深みが感じられず、なおかつブログのテーマに合致していなければ、薄っぺらい内容の表面的な記事になってしまい、読者の印象に残ることはありません。最初のうちはとにかく根っこを鍛えましょう。これはやはり日常の体験や勉強が重要になってきます。

経験によって人間の幅が出る。無駄な経験はない。
そしてその人間の幅がブログの根幹。納得。

もし、今現在、楽しくブログを運営しているのであれば、ぜひそのまま続けてください。好きで書いている文章ほど、魅力的に見えるものです。そう見えればしめたもの。魅力的な文章は、イコール魅力的な情報となり得ます。続けていけば、必ずやその情報を求める人が集まってきます。

何より好きであることが大切。いやいや書くくらいなら別のことした方がいいですもんね。

 

おわりに

ここでは引用してませんが、

  • ブログで飯が食えるようになるまでどのような過程を辿ったのか
  • 毎日ブログを書くためのライフハック
  • 著者が文章を書く時に気をつけていること

なども書かれています。

 

趣味にせよ本業にせよ、ブログしてる人は必読の1冊です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。
ほなまた!

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ABOUT ME
ネギヤン
ネギヤン
『好きなことを 好きなだけ ごっちゃまぜ』にする生き方を模索中の26歳。 『大人になってもドッチボールできるとか最高!』と思い先生を志す▷教採合格し新卒3年間小学校の先生▷青年海外協力隊でサモア(今ココ)▷奥さんと世界一周▷いろんな人がまじわり、子どもの世界が広がるような地域教育の拠点をつくります □学校/教育/旅/キャンプ/カメラ/読書/服/Apple製品