青年海外協力隊

青年海外協力隊の生活って、どんなん? サモア 小学校隊員の1日の過ごし方

まいどおおきに!

青年海外協力隊としてサモアで活動中のネギヤン(@negiyaaaaaan)です。

サモアにきてかれこれ8ヶ月。
現職教員特別参加制度で協力隊に参加しているぼくは、あとちょうど1年の活動になりました。時間が経つのが早い。この調子で、あっという間に終わるんだろうな、って最近よくおもいます。

そこで、あらためて
じぶんは、どうやって毎日を過ごしているんだろう?
と、1日の流れを振り返ってみました。

この記事では、「協力隊員の1日の過ごしかた」と題して、ぼくの1日をご紹介します。

朝→出勤まで

5:30〜

起床

なんやかんや

8:00 出勤

こっちにきて、早起きが習慣化しました。毎朝5:30には、おはようしています。

早起きは三文の徳って、あれホントですね。すっごく気持ち良いし、頭スッキリしていて、何をするにもはかどる。

起きてから出勤までの間は、だいたいこんなことしてます。

  • 瞑想
  • トイレ
  • テンションが上がる言葉を手帳にメモ
  • 朝ごはん
  • 読書
  • ブログ書く
  • ストレッチ
  • HIIT
  • コーヒー飲みながらぼーっとする
  • 歯磨き
  • 着替え

学校から歩いて5分のところに住んでる & 始業時間が8:30なので、早起きすればするほど、朝のこの時間に、のーんびり好きなことができます。めちゃくちゃ幸せです。

学校

f:id:negiyan-0315:20180323012612j:plain

センスがないとしかいいようがない、我が校の校舎

 

8:30〜 午前の授業
11:30〜12:30 昼休み
〜14:30 午後の授業

朝のお祈り・おしゃべりタイム

だいたい朝は8:15頃に学校に着きます。

着いたらまず、職員室で朝のお祈り(※サモア人は、みんなクリスチャン)です。アーメンします。
そして、おしゃべりタイム。

どうやら、このおしゃべりタイムに、その日の学校が終わる時間とか、なんやかんやの連絡がなされてるみたいなんですが、サモア語なのでまったくわかりません

だから、よく、急に昼過ぎに学校が終わったりして

「え!なんでなん!」

って同僚に聞いたら、

「今日は給料日だから早く終わるって朝言ってたでしょ!」

知らんがな!

みたいなことがしばしばあります。

ちなみに、時間割表では、8:30に1時間目がスタートなんですが、まあ、始まりません。

このおしゃべりがしばしば、というか、いつも長引くので、だいたい9:00頃にスタートです。

じゃあその間子どもは?と、いうと、最上級生が下級生の教室に行って、朝の歌やお祈りの指導をしています。えらい。

午前中 

おしゃべりタイムが終わると、毎日、朝いちばんの涼しい時間帯に、体育

体育の授業が終わったら、自分の部屋(と、いっても職員室の一角に机があるだけ)に、学習がゆっくりな子を1-3人ずつ連れてきて、個別で算数を指導しています。

それを2,3セットしたら、午前中おしまいのチャイムが鳴る頃です。

お昼休み

お昼休みは日本の学校とくらべて早く、11:30-12:30。

この時間になると、お腹が減ってくるので、軽食をとります。
よく食べるのは、マシポポと呼ばれる、ココナッツ風味のクッキー

f:id:negiyan-0315:20180323013338j:plain

Masi(クッキー) Popo(ココナッツ)でマシポポ

 

日によっては、気前のいい先生が食べ物わけてくれたり、購買で自分で買ったりもします。

f:id:negiyan-0315:20180323013001j:plain

PTAのおばちゃんが営む、購買

食べ終わったら、職員室で2時間ぶりのおしゃべりタイムです。どんだけしゃべるの好きやねん!

午後

午後は、1:00〜1:45の時間で、Year4のクラスでの集団授業です。算数。

なのですが、よく昼からの授業がなくなったり、短縮されたりします

午後の授業がなくなる・短縮される理由は

  • スポーツ大会の練習(クリケットとか)
  • 給料日
  • 校長の気まぐれ

など。

ちなみに、今は2週間後に控えた地域のクリケット大会の練習のために毎日13:30に学校が終わってます

帰宅後

 

15:00 帰宅
15:30 昼ご飯
〜18:30 フリータイム
〜19:00 ランニング
〜21:00 フリータイム
21:00 晩ごはん
22:30 おやすみ


帰宅したら、ホストシスターが開口一番

「Fia ai?(腹減ってる?)」

って聞いてきてくれて、お昼ご飯を用意してくれます。

それを食べて、そこからはフリータイムです。
土間で読書したり、昼寝したり、映画観たり、ギター弾いたり、赤ちゃんと遊んだり。

夕方18:30頃になると、やっと涼しくなってくるので、ランニングに出発。

ランニングは、肥満防止と村人との交流にもってこいです。

f:id:negiyan-0315:20180323013240j:plain

走ってたらついてくるガキンチョ

帰ってきたら水浴びして、ストレッチしてのんびり。

のんびりしていると、家族の晩ごはんの時間に。

うちの家族は、晩ごはんの時間が早くても20:30。おそいときは、22:00すぎ。

さすがに、そんな時間に油っぽいごはんを毎日食べると、帰る頃にはサモア人ばりの豊満バディになっちゃうので、時間によって、食べるかどうかきめてます。

と、いうか、そもそも、昼ごはんがおそいので、おなかがまだすいていないことが多いです。

「今日はまだおなかすいてないから、晩ごはんいいや。」

っていうと、オカンやホストシスターは、

「病気か、ヒロ?病気なのか?大丈夫か?」

とか

「正気かおまえ?」

ってめっちゃ心配してくれます。んもう、やさしいんだから。

で、歯磨きして日記書いて寝る!
っていうのが、平均的な、ぼくの1日。

自分の時間がいっぱい

これが、南国サモアで活動している協力隊員の1日です。
あらためてふりかえると、ゆるい生活だなあ、と。

自分の時間がめちゃくちゃ多いですね。
だから、あれこれと考えごとをすることも増えました。日本にいてるときとは、比較にならないくらい。ありがたいことです。

なんですが、こと仕事(活動)に関しては、しょうじき、エネルギーを持て余している感があります

もちろん、自分次第で仕事をつくれますし、実際そうしてはいるんですが、サモアの小学校隊員はマンパワー感」がめちゃくちゃ強いです。いわば、「+αとして」というよりは先生の1人として、サモアの学校に赴任してきたみたいな扱いです。

だから、もちろん働き方、働く時間、求められる役割も、サモアの先生と同じスタイルになります。

見てわかるように、また、南の島のゆったりさを想像してもらえればわかるように、彼らはぼくらの感覚からすると、ぜーんぜん働きません。

だから、もっとバリバリ働きたい、とかいうと、日本で働いている方にしばかれそうですが、実を言うと、さいきんはとてもとても、そう思います。

 

ここで紹介した1日の流れや、意見は、あくまでも「ぼくの場合」です。

協力隊には数え切れないほどの職種がありますし、派遣される国によってその文化もまちまちです。だから、それぞれいろんな1日の過ごし方をしている人がいます。その辺は、ご承知おきくださいね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました

ではまた!

ABOUT ME
ネギヤン
ネギヤン
『好きなことを 好きなだけ ごっちゃまぜ』にする生き方を模索中の26歳。 『大人になってもドッチボールできるとか最高!』と思い先生を志す▷教採合格し新卒3年間小学校の先生▷青年海外協力隊でサモア(今ココ)▷奥さんと世界一周▷いろんな人がまじわり、子どもの世界が広がるような地域教育の拠点をつくります □学校/教育/旅/キャンプ/カメラ/読書/服/Apple製品