ほぼ日

【大公開!ほぼ日5年手帳の使い方】ほぼ毎日書きとめている6つの項目

まいどおおきに!
青年海外協力隊としてサモアで活動中のネギヤン(@negiyaaaaaan)です。

 

 

どうしても、どうしても欲しかったので、遠路はるばる日本から取り寄せちゃいました!

 

\ほぼ日5年手帳/

 

日本→サモアの送料1万5000円もかかりましたが(もちろん他の荷物も含めてね!)、それでもって余るくらい、今、これを手に入れられて、めちゃくちゃハッピーです。

 

この記事では、この最高のライフログ手帳「ほぼ日5年手帳」の中身と、使い方をご紹介します

 

 

 

見た感じ・さわった感じ

ほぼ日手帳の見た目は、こんな感じ

 

 

国語辞典のような、柔らかいブラウンの革製の表紙に、金色の印字
高級感があります

 

 

背表紙には、2018-2022年の印字
これまたかっこいい

 

さわった感じは、ひとことでいうと

「チョー気持ちいい」

です。
手になじむ感じがすごく心地よいです。

大きさは、A6サイズ。手のひらの上にちょうど乗るくらいの大きさ。

 

 

どんなページがあるの?

ほぼ日5年手帳には、大きくわけて4種類のページがあります

 

1.年間カレンダー

 

 

2018-2022年分の年間カレンダーのページが、先頭についてます

見比べると、曜日の変化する順番がわかったり
「お、来年の誕生日は日曜日か!」
という発見があったりで、なかなか楽しいです

 

 

2. 1日1ページ(365日分)

 

 

各日にちにつき、見開き1ページのスペースが、1月1日から12月31日までの365日分あります。

 

ご覧の通り、左側は2018-2022年に5等分されており、それぞれに曜日がふられています。

右側のページは、フリーページ

下部には、ほぼ日手帳ならではの、今日の一言コラムが書かれています。これを読むのが、毎日ほぼ日手帳をひらく楽しみなんですよね。

 

 

3.フリーページ(各年1ページ)

 

 

1年につき1ページのフリーページがついています。

1年の最後の振り返りに使うのとかおもしろそう。

 

 

4.おまけページあれこれ

巻末には、おまけページが。

 

Gift / アドレス ページ

 

リストページ

 

 

人類史年表、なかなか読み応えがあります。

 

記録している6つの項目

10人いれば10通りの使い方がある、このほぼ日5年手帳。

「5年間」ずっと記録していくということで、何か書く “テーマ” を決めて使う人が多いのではないでしょうか。

 

かくいうわいも、テーマを決めて、日々書いています。

毎日のページはこんな感じ。

 

 

何を書いているか、項目ごとに紹介していきます。

 

 

1.その日、目覚めた場所・寝た場所

 

 

その日起きた場所と寝た場所を、天気・月の満ち欠けとともに書いています。
月の満ち欠けは、日記帳として使っているほぼ日カズンのものを写してます。

 

実は、2年後に奥さんと一緒に世界中を旅する計画を立てています。

そのときに、滞在していた街や国の名前を記録して

2年前の今日はサモア、去年は日本、そして今年はインドにいる!

みたいに、ゆくゆく見返せたら楽しいだろうなあと思って、書いています。

 

 

2. その日を漢字一文字で表す(筆ペン)

 

 

これは、ほぼ日5年手帳の使い方で紹介されていて、おもしろそうだったので早速真似させてもらってます。

筆ペンというのがポイントですね。書いていてすっごく気分がいいです。

この日は、バリカンで髪の毛を切ってもらったので ”髪” と書いてます。

 

さっきの起きた場所・寝た場所も同じことが言えるのですが、「その日の一文字をふりかえって書く」ことは、あとでそれを見返したときに、その記憶をよみがえらせるいいトリガーになりそうです。

 

 

3.体重(寝る前にはかる)

 

 

やりたいことリスト100の1つに『体重50kg台アゲイン』という項目があります。高校時代の体重です。
それを目指して、日々の体重を記録しています。

わいは、ほぼ日5年手帳を毎晩寝る前に書いているので、毎日同じ時間にはかることで、毎日の増減がきちんとわかります◎

 

 

4.その日のハイライト

その日のハイライトを手短に書いています。

 

2・3行の文で書くこともあれば

 

箇条書きで書くときもあります。

 

 

5.読んだ本のタイトル

 

 

その日に読了した本のタイトルと、記録し始めてからの冊数を書いています。

5年間で何冊までいくのか、楽しみです。

 

6.印象に残った言葉など

 

 

右のページには、「またいつか思い出したい」と感じた、その日に出会った言葉や、学んだことを書き留めています。

来年の同じ日にそのページを開いたときに、その日の自分に思い出してほしいようなことです。

 

おわりに

ご紹介した、わいのほぼ日5年手帳の使い方をまとると、こうです。

まとめ
  • その日、目覚めた場所・寝た場所
  • 1日を漢字一文字であらわす
  • 体重
  • その日のハイライト
  • 読んだ本の名前
  • 来年の自分に思い出してほしい言葉

 

26歳から30歳になる、この5年間は、わいの人生の中でもなかなか激動な5年間になりそうです。

その5年間をコツコツ記録して、5年後、すべてのページがうまったときの達成感や、見返したときのフラッシュバック感を想像すると、わくわくがとまりません!

本当にいいものを買いました!

つくってくれた、ほぼ日さんに感謝です。

 

みなさんも、5年間のあなたの人生を1冊にのこしてみませんか?

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ではまた!

        ABOUT ME
        ネギヤン
        ネギヤン
        『好きなことを 好きなだけ ごっちゃまぜ』にする生き方を模索中の26歳。 『大人になってもドッチボールできるとか最高!』と思い先生を志す▷教採合格し新卒3年間小学校の先生▷青年海外協力隊でサモア(今ココ)▷奥さんと世界一周▷いろんな人がまじわり、子どもの世界が広がるような地域教育の拠点をつくります □学校/教育/旅/キャンプ/カメラ/読書/服/Apple製品